血液のがんの一種である非ホジキンリンパ腫の原因と言うのは現在もはっきりとしたものが解明されているというわけでもありません。どういうものが原因として考えられているのかと言うと、遺伝子異常やウイルス、ストレス、放射能などがあります。これは時代が経つにつれてもう少しはっきりとして来るものでしょう。原因が分からないのであれば、定期的な健康診断を受けて早期発見を目指すしかないでしょう。

ウイルスや細胞への感染が有力な説である

非ホジキンリンパ腫の原因ははっきりと解明されていないわけですが、最近はウイルスや細菌への感染が有力な説になっています。ヘリコバクターやEBウイルス、ピロリ菌、C型肝炎ウイルスなどが原因として挙げられますが、それが直接悪性リンパ腫と結び付ける証拠はないのが現状です。特定の化学物質や放射線が影響として考えられますが、それについてもなぜそういう病気になるのかと言う因果関係がはっきりしません。

非ホジキンリンパ腫に関与するのではないかと言われているウイルスとしてEBウイルスと言うものがあります。そのウイルスに感染したら38度以上の発熱が出たり、赤い発疹が出たり、リンパ節が腫れたりします。さらにひどくなると悪性リンパ腫まで行くこともあり得ます。ヘリコバクターやピロリ菌、C型肝炎ウイルスからももしかすると悪性リンパ腫にかかる可能性があります。

日頃の健康への意識と定期検診が大事になる

やはり原因がまだまだはっきりしていませんし、症状が分かりにくいということであれば、感染するリスクを下げるための行動がとりにくくなります。それでも、日頃から生活習慣や健康管理をしっかりすることが重要なのは何ら変わりません。直接的な原因でなかったとしても、加齢やストレス、食生活の乱れ、寝不足、運動不足になるとその分だけ免疫力が低下してきますので、十分に注意しなければならないでしょう。

非ホジキンリンパ腫の早期発見を行うためにも、1年に1回の定期検診をしっかりと受けるということも重要になります。会社に勤めていれば年に1回の定期検診を受けるでしょうから、そこで自分の健康状態がチェックできるわけですが、自営業者や非正規雇用者は自分から定期検診を受けるようにしてください。